三返りとは

  • image
「蕎麦の三返り」というのは、そばの茹で加減の口伝ですが、そばを茹でるということに関しては高い技術が必要であり、茹で加減一つでそばの味を操作する「釜前」の職人は、麺類店の中ではそばを打つ「板前」に次ぐランクとされています。


そばを茹でるには、麺を茹でる釜の構造や汚れ具合、湯の量とともに、生そばのつなぎの割合や種類、加水量、そば粉の性質など、そばのコンディションによっても微妙な違いが出てきて、茹で加減や茹で時間を決めるには、こうしたいろいろな条件を熟知していなければなりません。


また、そばを茹でるには火加減も大切である。一般に煮る料理にはあまり強い火力は用いられませんが、特にそばの場合は火力が強いと「空煮え(そらにえ)がする」といわれて敬遠されます。


つまり、「三返り」という口伝は以上のような条件を踏まえて、湯が適温に調節された釜の中で、よく水まわしされ、こねあげられたそばが湯の中に沈みこみ、ゆっくりと浮き上がるという状態が三回繰り返されれば茹であがったことになるという一種の目安です。


昔から麺類店では、「そばを煮る」というが、これはそばがゆったりと釜の中で回っている状態のことであり、芯まで茹であげるためには加熱するだけではなく、湯をそばの麺線の中によくしみ込ませるといった感じがベストであるといいます。

また、そばやうどんは、冷水で洗うという工程を持つため玄人の間では、「そばの煮過ぎは恥ではない」とか「煮え前は恥」という口伝もあります。


本日も、美味しいお蕎麦をお楽しみください。

?Gg[???ubN}[N??

2022年11月13日

【半田店】
〒431-3124
浜松市東区半田町1275番
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~20:45(L.O.20:15)
定休日:火曜日
TEL:053-431-5110



【入野店】
〒432-8061
浜松市西区入野町16288番
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~20:45(L.O.20:15)
定休日:火曜日
TEL:053-445-2662

携帯やスマホでアクセス

 Related Posts