蕎麦と辛味と大根と

  • image
蕎麦通は、昔から蕎麦をおろしの組み合わせを好んで食べてきました。
福井では、蕎麦といえばおろし蕎麦というように、地域によってはおろし蕎麦が
当たり前になっていたり、大根の絞り汁で蕎麦を食べるなんてこともあります。


(大根は群馬産 器は飛騨高山渋草焼)

辛味大根は普通の大根より小ぶりで辛味が強く、水分が少ない大根の総称です。
辛味大根はその辛味と、水分が少なくおろしにした時に水気が少ないので蕎麦つゆが薄まらず、さっぱりと食べれるということでそばやうどんに用いられる事が多いです。
皮と実の間に栄養分が多いので出来るだけ皮のまま擂りおろした方が辛くなります。


この大根の辛味はアリルイソチオシアネート(芥子油)と呼ばれる成分によるもので、おろすことで酸素に触れ精製されます。
辛味大根にはこの成分が普通の大根より沢山含まれており薬効としては抗癌作用や抗菌作用があるとされています。


ただ、辛味大根は収穫直前でも土の中に埋もれているで収穫のタイミングがわかりにくく、「青首大根」などに比べると生産にも手間がかかり、なかなか安定して入手できないレアな大根です。


蕎里では、現在このレアな「辛味大根」を一本まるごとおろしたものを数量限定でお出ししております。


蕎麦と辛味大根の絶妙な組合わせをお楽しみください。
?Gg[???ubN}[N??

2021年12月4日

【半田店】
〒431-3124
浜松市東区半田町1275番
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~20:45(L.O.20:15)
定休日:火曜日
TEL:053-431-5110



【入野店】
〒432-8061
浜松市西区入野町16288番
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~20:45(L.O.20:15)
定休日:火曜日
TEL:053-445-2662

携帯やスマホでアクセス

 Related Posts