岡村華子 ~「刷る」という仕事~

  • image

現在、入野 蕎里では廣畑玉鸞さんの作品展示が終了し、浜松出身の作家(リトグラフ)の岡村華子さんの作品を展示しています。
ちなみに、廣畑さんの妹さんです。

「リトグラフ」版画の一種の平版画、水と油の反発作用を利用して刷ります。
ほかの孔版画、凹版画、凸版画などに比べると複雑で時間も多くかかりますが、艶を有した独特の質感が出ます。
ただ気温や湿度に大きく影響を受け、工房を地下室している方もいるくらい「刷る」ということが難しくもあります。

作品は、墨汁よりもう少し濃いものを使っているそうですが
炭という素材で表現できる濃淡や質感、動きが一枚の作品に凝縮されていてその表現の幅に驚かされます。

現在、入野 蕎里では座席数を限定しているため、混雑時はお席のご案内までに多少お時間をいただいております。
そのお待ちの間でも、お帰り際でも「刷る」という仕事の粋「リトグラフ」をお楽しみいただければ幸いです。



?Gg[???ubN}[N??

2020年9月7日

【半田店】
〒431-3124
浜松市東区半田町1275番
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:火曜日
TEL:053-431-5110



【入野店】
〒432-8061
浜松市西区入野町16288番
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:火曜日
TEL:053-445-2662

携帯やスマホでアクセス

 Related Posts